500円で英語学習、ワンコインイングリッシュ

ヒアリングマラソンの世界一詳しい解説

トップページ | サイト紹介 | 公式サイトへ行く | リンク募集

英検1級の管理人がアルクのヒアリングマラソンを試した評価やその口コミを紹介。

以下興味のあるカテゴリからお選び下さい

サイトトップヒアリングマラソンの効果と特徴ヒアリングマラソンの体験談ヒアリングマラソン口コミ情報
良く頂く質問オススメの学習法ヒアリングマラソンの評価購入方法の紹介

サイトナビ ホーム > ヒアリングマラソンの鉄則 > 鉄則2.英語学習は長い道のり、英語が使えるまで3000時間の学習と考えること Ads

鉄則2.英語学習は長い道のり、英語が使えるまで3000時間の学習と考えること


 ヒアリングマラソンでは「1000時間の学習」を一つの指標としています。
では
1000時間学習すれば英語を使えるようになるのでしょうか個人的な例ですが、私は英語学習を始めてから英検1級を取得するまでに3000時間の学習時間が必要でした。英語学習の目標をどこに定めるか。それは個人の目標に依りますが、英検1級レベルと考えると約3000時間をかければ英語が使えるようになると考えています。

私の現在までの英語学習履歴を下の表で表します。ご参考頂ければと思います。


※TOEICの点数を縦軸、英語勉強時間を横軸



【概要】
●大学まで英語の授業を受け続けて約1000時間の英語勉強時間。
●さらにTOEFL170点までに約1500時間
●そしてTOEIC650点取得までに約1600時間
●最後に英検1級取得までに約3000時間


ヒアリングマラソンの公式ページへ行く






Copyright (C) 2010 スピードラーニング効果・評判・口コミ All Rights Reserved.