500円で英語学習、ワンコインイングリッシュ

ヒアリングマラソンの世界一詳しい解説

トップページ | サイト紹介 | 公式サイトへ行く | リンク募集

英検1級の管理人がアルクのヒアリングマラソンを試した評価やその口コミを紹介。

以下興味のあるカテゴリからお選び下さい

サイトトップヒアリングマラソンの効果と特徴ヒアリングマラソンの体験談ヒアリングマラソン口コミ情報
良く頂く質問オススメの学習法ヒアリングマラソンの評価購入方法の紹介

サイトナビ ホーム > よく頂く質問 > 映画が字幕なしで分かるようになるの Ads

映画が字幕なしで分かるようになるの


 「
映画が字幕なしでわかるにはどうしたらいいの?
」との質問を頂きます。

私の返答は、「3000時間、英語を勉強することが必要です」と答えます。

映画にはサスペンス、アクションからホラーまで色々なジャンルがあり、映画によってその難易度が変わります。
理解が最も簡単なのはアニメ。子供向けの易しい単語や表現が使われるからです。

ちなみに私は英検1級を持っていますが、そのアニメ映画でも聞き取れない単語があり、約8割程度
の理解度だと感じます。
映画で話される英語は、ニュースや生の英会話よりも聞き取りづらいです。映画は格闘シーンや激しい口論などの場面が多くあるので、そんな時に出てくる言葉を学習する機会は多くありません。これらを理解することは幅広いボキャブラリーが必要とされます。

英検1級取得までに私は3000時間を要しました。
その英検1級合格に必要な単語数は約1万語と言われています。対して、ネイティブは約2万語の語彙力を持っていると言われます。
単語レベルで考えると、この1万語と2万語の間がアニメ映画から(難しいと言われる)サイエンス映画までの「映画がわかる」ようになる範囲だと感じます。

だから質問に対する私の回答は「3000時間は必要です。という回答をしています。


多くの映画は日常生活に近い状況を表していると思います。そのため、映画で使われる英語は実用的な英語であることが多く、学習教材として非常に有効。最近ではDVDやブルーレイには英語の字幕モードがついているので、聞きとれなかった単語を調べることも出来ます。
また繰り返し映画を見ることで理解度も少しずつ深まってくると思います。

このように
映画を題材に学ぶことは字幕なしで映画が理解できる良策だと思います。

ヒアリングマラソンでは、教材の中で新作映画を題材に英語を学ぶことが出来ます。興味があればご覧になってください。


ヒアリングマラソンの公式ページへ行く






Copyright (C) 2010 スピードラーニング効果・評判・口コミ All Rights Reserved.