カスタム検索

ヒアリングマラソンの世界一詳しい評価

トップページ |

サイトマップ

| 管理人紹介 | お問い合わせ | 公式サイトへ行く | 相互リンク募集


以下興味のあるカテゴリからお選び下さい

サイトナビ ホーム > 30日で学ぶ英語発音 > 第17日目:tsの発音

30日で学ぶ英語発音

 こんにちは!!

英検1級、TOEIC900点Over元英語講師のDAIです。

プロフィールで紹介していますが、
私が英検1級を取るまでに英語を学習した時間は約3000時間でした。

3000時間はすごく長い時間。それだけの時間を働くことに使えばたくさんのお金を稼げるし、また英語以外の勉強をすることもできます。
でももしあなたが英語力向上に本気で時間を費やす気があるなら、是非頑張ってほしいと思います。
私の高校時代、英語の平均成績は10段階評価の2でした。英語が出来ない落ちこぼれ。テストで赤点を取ることもよくありました。

そんな私でも3000時間を費やせば英検1級が取れています。誰でも英語力は上達すると確信しています。
勉強を積み重ねれば英語のレベルは必ず上がります。

【概要】
●大学まで英語の授業を受け続けて約1000時間の英語勉強時間。
●TOEIC650点取得までに約1600時間。
●英検1級取得までに約3000時間。

ただし、ちょっとやそっとじゃ向上しない。
長い時間を費やして達成できるものだと実感しています。

その中で発音学習は私が知っている最強の英語力向上の近道です。

日本人は発音学習をおろそかにしている人があまりにも多い。

このメールマガジンの学習で皆さんの発音、そしてリスニング力は絶対に変わります。
毎日5分でも10分でも練習してみてください。

★☆◆◇■□●○▲△▼▽★☆◆◇■□●○▲△▼▽★☆◆◇■□●○▲△▼▽★☆◆◇■□●○▲△▼▽

【第17回:tsの発音】
 
「ts」の発音は舌を上の歯の裏に当て、息で舌を弾くように押し出します。「チッ」と音がするはずです。
その息の音がtsの音です。 check, reachなどはこの音を使います。

これは日本語の「ちぇ」の音とほぼ同じです。
日本語の「ちぇ」はすぐ母音の「え」に繋がりますが、「ts」は最初の息の音だけです。


口の形のCGで学ぶDVD発音学習: 「ネイティブスピーク」 参考 ← 発音教材の中で分かりやすく個人的なオススメです。
※クリックで紹介ページへ行けます。



≪練習(tsの音を意識)≫

■Check(「チッ」ェック)
■Chest(「チッ」ェスト)
■Chance(「チッ」ァンス)
■Beach(ビー「チッ」)
■Couch(カウ「チッ」)
■Reach(リー「チッ」)

★☆◆◇■□●○▲△▼▽★☆◆◇■□●○▲△▼▽★☆◆◇■□●○▲△▼▽★☆◆◇■□●○▲△▼▽


「ヒアリングマラソン」のお申込み等公式ページへ行く


ホームへ戻る


Copyright (C) 2010 ヒアリングマラソンの世界一詳しい評価 All Rights Reserved.