カスタム検索

ヒアリングマラソンの世界一詳しい評価

トップページ |

サイトマップ

| 管理人紹介 | お問い合わせ | 公式サイトへ行く | 相互リンク募集


以下興味のあるカテゴリからお選び下さい

サイトナビ ホーム > 30日で学ぶ英語発音 > 第15日目:shの発音

30日で学ぶ英語発音

 こんにちは!!

英検1級、TOEIC900点Over元英語講師のDAIです。

第15回目、折り返し地点にやってきました。

今回は少し紹介をさせていただきます。

英語の発音に慣れてくると、英語を話せる姿が想像できてくると思います。

そして詳しく、映像や絵で発音をもっと学びたい人には
たくさんの発音教材が発売されています。

その中で私も色々な教材を試しました。
私が試した中で一番良いと思うのはネイティブスピークという教材です。
大変わかりやすく、このサイトでも紹介とともに画像を掲載させていただいています。

私も、もっと早くにこの教材で勉強していれば、早く発音がよくなったし、リスニングスコアも伸びたと後悔している教材です。

もし、発音教材を探されているならこの二つのどちらかで良いと思います。宜しければご参照ください。

1) 「ネイティブスピーク」  : Infotopで最も売れた英語教材「スコットペリー先生」のシリーズ最新作、CGで口の形から学べる発音教材です。

2):英語の発音とリスニングUDA式30音トレーニング : 私が発音学習のきっかけをもらった教材。この講座のように英語の音を30音に分けて学習します。

発音学習は1日5分/10分のトレーニングでも必ず身に付きます。継続的に続けてみてください。



★☆◆◇■□●○▲△▼▽★☆◆◇■□●○▲△▼▽★☆◆◇■□●○▲△▼▽★☆◆◇■□●○▲△▼▽

【第15回:shの発音】

さて、今回は「sh」の発音です。

この発音は日本語で何か(誰か)を追い払う時に言う「シッ」とほぼ同じ発音です。一度「シッ」と発音してみてください。

まず息の音だけで発音していることがわかります。口は少しだけ開けた状態。

そして上の歯の裏に舌を近づけその間に息を通します。日本人にとって馴染みの深い発音です。


≪練習(shの音を意識)≫

■Shift(「シッ」フト)
■Shelf(シッ)ェルフ)
■She(「シッ」ィー)
■Flash(フラッ「シッ」)
■sash(サッ「シッ」)
■Brash(ブラッ「シッ」)

★☆◆◇■□●○▲△▼▽★☆◆◇■□●○▲△▼▽★☆◆◇■□●○▲△▼▽★☆◆◇■□●○▲△▼▽

「ヒアリングマラソン」のお申込み等公式ページへ行く


ホームへ戻る


Copyright (C) 2010 ヒアリングマラソンの世界一詳しい評価 All Rights Reserved.