カスタム検索

ヒアリングマラソンの世界一詳しい評価

トップページ |

サイトマップ

| 管理人紹介 | お問い合わせ | 公式サイトへ行く | 相互リンク募集


以下興味のあるカテゴリからお選び下さい

サイトナビ ホーム > 2012年2月号:ラジオドラマ劇場

2012年2月号:ラジオドラマ劇場

≫ラジオドラマ劇場



ヒアリングマラソン2012年2月号
ヒアリングマラソン2012年2月号


日本でもラジオを付けるとラジオドラマを聴くことが出来ますが、ラジオは「音」だけの情報になるため情景を思い浮かべるのが困難。
これが全文英語で展開されるのがこのセクション。頭にストーリーが残りにくく会話を理解しないとその瞬間にドラマの話の流れが消えちゃいます。

海外で放映されているラジオドラマのスピードをそのままCDに入れているので、その難易度は最高クラスと言えます。
下記に2012年2月号のラジオドラマ最初の文章を紹介します。かなり難しいレベルです。ヒアリングマラソンに興味のある方はレベル感を掴んでから受講されることをおすすめします。

ラジオドラマ劇場紹介

<lights a cigarette> So, someone wants to see me, huh?

Yup. Someone wants to see you. But you`d better think twice before you decided you`ve found the end of the rainbow.

で誰かが私に会いたがってるって?

ええ、誰かがです。でも雲をつかむような話だったら会うのをよく考えた方が良いですよ。

解説
ホテルの専属探偵とそこにまつわる事件を描くドラマです。前回の1月号に続く2回目、殺された上院議員の謎に迫ります。
the end of the rainbow.(虹の終りは「手の届かない夢」の例え:虹の端に黄金が埋まっているという言い伝えから)

「ヒアリングマラソン」のお申込み等公式ページへ行く


ホームへ戻る


Copyright (C) 2010 ヒアリングマラソンの世界一詳しい評価 All Rights Reserved.