カスタム検索

ヒアリングマラソンの世界一詳しい評価

トップページ |

サイトマップ

| 管理人紹介 | お問い合わせ | 公式サイトへ行く | 相互リンク募集


以下興味のあるカテゴリからお選び下さい

サイトナビ ホーム > 2012年2月号:シネマ試写室

2012年2月号:シネマ試写室

≫シネマ試写室



ヒアリングマラソン2012年2月号
ヒアリングマラソン2012年2月号



   この章では新作映画のストーリー解説を元にリスニング学習をします。

映画を字幕なしで見る」これは英語が使える一つの指標だと思います。
そしてこの章でその難しさが身にしみてわかるはず。映画の英語は「スラング・方言・なまり」が多彩な上、聞き取りにくく、かなり難解。

英語の学習は自分の実力+1の学習が大事。繰り返し聞けば(読めば)理解できるレベル。

最初はわからなければ日本語訳を読みながらでも良いと思います。
そして繰り返し聞くとだんだんと映画の内容が理解できていくのに、「英語学習のおもしろさ」があると思います。

自分の英語レベルに合っているか2012年2月号のシネマ試写室の最初の2文を紹介します。ご参考にしてください。


シネマ試写室

映画:フィフティ・フィフティ(平凡で真面目な青年が5年生存確率50%の癌を告知される。彼を取り巻く周囲の人々との関わりを描いたヒューマンドラマ。)

Adam is an average and unassuming young man who has everything going for him except for one thing he has been diagnosed with a rare form of cancer.

アダムはごく普通の代わり映えのない真面目な青年です、ただ一つ珍しい形の癌だと診断されていること以外は。


ヒアリングマラソンのシネマ試写室は映画のあらすじといくつかのシーンがピックアップされて紹介されます。
8ページほどの学習量でヒアリングマラソンの人気コーナーの一つです。


「ヒアリングマラソン」のお申込み等公式ページへ行く


ホームへ戻る


Copyright (C) 2010 ヒアリングマラソンの世界一詳しい評価 All Rights Reserved.